○ロングジョギング又は、ペースランニング等の練習後、流しを数本行うことで生まれる効果
○ロングジョギング又は、ペースランニング等の練習後、流しを数本行うことで生まれる効果
・疲れた状態で、流しを行うことでリラックスしたフォームを得られる。
・よって試合本番、疲れている中でスピードを楽に出す、維持することが出来るようになってくる。
・スピード感覚を残したまま練習を終えることで、次回のスピード練習に対応しやすくなる
・ロングジョギングという単調な動きの後に流しという刺激を与えることで、血の巡りが活発になり疲労回復につながる。


僕は一個目と二個目の項目が一番重要だと考える。一個目と二個目の項目の効果を最大限に生かすためには練習後に1000mのT.Tを行うという方法もある。三個目、四個目の項目の効果を高めるには100m程度の流しを3本から5本行う。
[PR]
by sports-nitijyou | 2006-07-01 20:45
<< や~や☆ 教育の危機っという題でレポート... >>