「ほっ」と。キャンペーン
ET
エントリーシートだってばよみなさん!

書かなくちゃならんのです。

自分らしさってのがわからん

こんなん誰でもかけるでしょうが!!

ってなる文章が大半なんよね。。。

ふふふ~つまんなーい。


で、ですね、

昨日は久しぶりに、サークルの子たちと、がっつり飯を食べながら他己分析。。


無駄話に半分以上裂かれたけれど、


普段まじめに自分に対して評価をもらったりしないから、いいよね☆


マグロだといわれました。

好きな表現ではありません笑。

猪突猛進って事らしいがねぇ。


もっかいしっかりまとめてみます。


あなたが一生懸命取り組んだことに対して、どのように取り組み、どのように関わりましたか??


む~二回おんなじこと聞いてないか>>







うし!では、体操教室いってきます~
[PR]
# by sports-nitijyou | 2009-01-14 16:33
どかーん!
今日は今から就職活動。

セミナーです。

体力自慢ですが、、、冬には弱いのです。

風邪を引かぬようにがんばります☆

あ、芦屋市の某体操教室にバイトが決まりました!!

いや~よさこいも、陸上も離れ、新たに体を動かす機会ができて良かった!!


まちょれー子供たち!


あ、私が過去に所属していたチームのHPをリンクします。


なかなか良いチームで、全国を行脚しているので、

見かけたら、観賞してやってください◎
f0065448_11352147.jpg

[PR]
# by sports-nitijyou | 2009-01-12 11:35
講習会IN芦屋
今日は、芦屋の幼稚園に、南中ソーラン節の講習会に行ってきました☆


1月の末から始めて、やっとこさ一曲全ての踊りを通して教え終わりました。。。。


これから踊りこみだ~


頼むよ~みんな☆



現状分析が大分遅れておりました。


水曜日の分析。


週の真ん中のこの日は、よさこいの本練習はありません。


なんでみんな自主練習おばしていますが、、、内容はほとんどだべり笑。


ポイント練習を入れるならばこの日だと考えています。


ただ帰宅時間が遅いために、質重視の練習になります。

体力はあるが、練習時間が多く取れないので、集中力が試される時。。。。
[PR]
# by sports-nitijyou | 2007-03-07 00:12
火曜日☆
練習を再開するに当たっての現状分析。。

月曜日が終わったので、次は火曜日

火曜日は今現在、授業終了後、大阪城公園で毎週練習会+交流会があり、家に帰るのは22

時を過ぎるのが現状です。

ですので、トレーニングできるとしても午前中学校に行く前、もしくは帰宅後ですね☆

ここには短時間でできる質の高いスピード系トレーニングか、室内でできる筋力トレーニングを

入れていきたいと思います☆

次は水曜日!
[PR]
# by sports-nitijyou | 2007-02-26 18:59
余談☆
これ、過去に書いたかなぁ。。。まぁ参考程度の読み物として読んでいただけたらと思います☆

私は練習メニューのアドバイスなんてできるようなものではありませんが
他の立派なサイトの中で目立つのがただ単に「(種目名)が速くなる練習法を教えてください」
というもの。・・・すべての競技者が追い求めているものであり、答えは無数にあります。相手を知らないのに答えられませんよね笑。ではどのような流れで書き込みをしたらいいのか
実際の書き込み(私が回答した文を使用、質問文は私の方で書き換えました)を使用して
レクチャーしたいと思います☆

質)中距離の練習方法を教えてください!!!

私の答え1)まず年齢、性別、競技歴、練習環境、普段の練習の流れ(一日、1週間の流れ)を書いてください。
   返信)中学3年の男です。普段はペーランやジョギング、インターバル400×10等や、腹筋背筋をしています。

講評→まずHP上で練習を組むには相手を知らなくてはなりません。小学生に教えるのと高校生に教えるのとでは
全然違います。競技歴や、タイムなどによって強度も変えなくてはなりません。練習環境も知らなくてはいけません。
また練習メニューというのは長期にわたり、1日の流れ、1週間の流れ、1ヶ月の流れ…と計画性を持って立てていく
もので強弱を上手く組み合わせる必要があるのです。ですからまずは最小単位である1日、1週間を取り出して
流れを見バランスを整えなくてはなりません。それを求めていたのですが、これでは分かりませんよね。
次に行きましょう!

質)あ、あと一日の練習はどのような流れでやればいいですか?

私の答え2)これも普段どのような流れでしているかでアドバイスが変わってきます。とりあえず基本は以下のような流れになります

1ストレッチから体操
2アップジョギング(1と2は入れ替わりあり)
3基本ドリル(ラダーやハードルドリルなども含む)
4流し(3、4も入れ替わりあり)
5、SDや加速D、バウなどより走りに直結した技術練習、
6メイン練習(レペやインター、TTなどなど専門練習)
7それぞれ違う
8筋トレ
9ダウン等

講評→私が書いた流れどおりに行うことは簡単ですが、今自分がしている内容に何が足りないのかを知ることが先決です。では先に進みましょう

質)○400は60秒、 800は2分14秒、1500は4分45秒、3000は10分21秒、5000は18分19秒です。で全般的に最大スピードが無いように思うんです。
練習メニューは
月…12Kmペース走
火…300×15本インターバル
水…1000×5本インターバル
木…タイムトライヤル
金…400×10本インターバル
土…1000+600+400+300+600+1000インターバル
日…休み
ですアドバイスを!
私の答え3)この一週間のメニューから「練習目的」は
月、持久、脚力養成
火、スピード
水、長距離におけるスピード養成と維持力
木、実践力
金、スピード養成
土、総合力
日、休み
だとメニューから一応読み取れます。さらにバランスを良くするため、有酸素ランを取り入れる必要があります。60分ラン、ペースランとうの練習をバランスよく組みましょう。休み明けのペーランというのがとても身体に負担をかけそうなのですが・・・そんななまちょろい事を言っていては駄目なんですかね笑。
私の練習流れとしては日曜が休みというところから心肺機能回復のため月曜日に60~80分ジョグ、火曜に1000×5、水曜にペースランニング10キロ程度、キロ4分~3分45、木曜は30分程度のジョグとストレッチで積極的休養、金はペースランニング、
土は(600+200)×3という風に1週間の中にも練習に並をつけましょう。
僕は基本、月水木金のメニューは上記に固定(季節や体調よってペースや距離の変化はあり、これが重要)後、火曜はロングインターバルや短インターバル本数多などで鍛錬練習をし、土は実践タイプのレペや、T.Tなどをしていました。波をつけることを意識して、
あと取り入れるべきはペーランです中距離にも特に800、1500に有酸素ランそれもジョグよりきついものは必要です・・・
講評→と私は最初から三つ目のようなやりとりをして欲しいのです。私が練習メニューに手を加えることは簡単ですが、変更理由が分からない、練習のコンセプトが分からないと効果が発揮しにくいものです。また「で全般的に最大スピードが無いように思うんです。」
っという所がかなり大切で自分の走りの欠点を自分でしっかりと知ること。HP上でメニューを作るのはとても大変な事です。ここに書かれてある事を他の大きなHPで質問するときに活用していただければ・・・と思います。



あ、現状分析はまた後日☆ 
[PR]
# by sports-nitijyou | 2007-02-24 21:53
股関節
火曜日の現状把握といきたいところでしたが、まだ月曜日の分析を続けます。
毎晩しているトレーニングとして、腹筋(シットアップ。左右のひねりも加えて)50回行っている。
これは高校3年の時部活を引退したが、最低限何かしておこうとギリトレーニングの最低ラインとしている。
続けてきたことで、直腹筋のワレはキープできている。がシットアップの効果として、腹直筋と大腰筋の単純収縮(縦収縮)しかきたえられず、また動作後に大腿四頭筋にかなりの負荷がかかり硬直を招く。
よって、腹直筋がきたえられている、もしくはキープできている状態ではあるが、その分ストレッチを怠っているので、重点的に大腿部のストレッチを取り入れたいところである。
またシットアップによって、1方向のみの大腰筋は鍛えられたが、股関節の筋肉は非常に難解で様々な動きの中で細かく意識付けてきたえることが必要だ。
ランジや前後開脚歩行、ハードルを使用しての股関節ドリル等、積極的に股関節を動かして行きたい。
現在取り組んでいる、よさこい系ダンスの中には、「しこ踏み」系の動きや、前後開脚、開脚ジャンプ等が含まれており、動作ごとにどの角度で、どのような動きで負荷がかかっているかを取り出して、意識を持つことが今後必要となってくるであろう。
参考までに、股関節周辺の筋肉名称と役割について記載したいと思う。図等の参考資料を今後参照していきたい。どこまで、意識をもてるか、、、それが股関節トレーニングの最もたるポイントである。


股関節筋肉群は各方向への動きを行う、屈筋、伸筋、内転筋、外転筋、外旋筋の5群に分類されます。


. 筋名称・ 支配神経
屈筋 →大腰筋、腸骨筋、縫工筋、大腿直筋、恥骨筋 ・大腿神経
伸筋 →大殿筋 ・下殿神経
     半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋(長頭)・ 坐骨神経
外転筋 →中殿筋、小殿筋、大腿筋膜張筋・上殿神経
内転筋 →大内転筋、短内転筋、長内転筋、薄筋、外閉鎖筋 ・閉鎖神経
外旋筋 →梨状筋、内閉鎖筋、上双子筋、下双子筋、大腿方形筋・ 仙骨神経筋枝
内旋筋 (内旋作用のみを持つ筋はないとされています。外旋筋以外は内旋作用を持つ。特に、外転筋の作用が大きい。)
これを見ても分かるように非常に細かい。

まずは、股関節を回す
①内回し
②外回し
股関節を収縮させる
①シットアップのときのように上体を下肢に折り曲げる動き(空手の上段けり等も効果が期待される☆)
②その反対

を意識してこの4種の動きを取り入れて股関節トレーニングを行うだけでも大分変わってくる☆
[PR]
# by sports-nitijyou | 2007-02-24 21:36
現状把握☆
競技を再開すると言いましても、無計画にただ運動するだけでは全くの時間の無駄であります。
かつ、今時分は大学への通学時間も長く、1、2回生の間は授業が詰まっており、週末はよさこい系イベント目白押し。っとなりますと、短時間でより効果的な練習を行わなくてはなりません。
まずは現状況分析
月曜日:
18時から21時まで、よさこい練習。
内容:ラジオ体操等のアクティブストレッチ、(長座体前屈、開脚ストレッチ右左前各10カウントのペァストレッチ)、ブラジル体操(ジョギング、上半身前胸部+後背筋肩甲骨周辺系3種類、股関節旋回系3種類、上半身側腹筋+下半身連動系1種類、ランジ系1種類、短距離ダッシュ30m程度1本、ジョギング)、チーム演舞1曲(1曲4分半程度、強度としては心拍数120~130まで上昇。平常時65程度)、総踊り2曲(心拍数的強度はチーム演舞より強。スクワット系の動きは少ないので大腿部へのダメージは少ないが脹脛の疲労度は高い。一曲4分半程度)
10分程度休憩。
チーム演舞等のポイント確認練習1時間(心拍数は常に100~120前後と予想される。特に下半身と背筋の疲労度が高い。断発的な刺激ではなく、練習中は常に疲労が蓄積されているものと思われる。きつい反り的動きは無いが「しこ踏み」的体勢で姿勢を保つ動きが要求される。)
10分程度休憩。
まとめとして演舞2曲(1曲4分半程度。疲労度としては心拍数が100前後からスタートするため、かなり限界まで引き上げられていると予想される。)
ラジオ体操等のアクティブストレッチ、各自静的ストレッチ(主に長座体前屈、開脚などを5分程度。)以上終了。

心拍数的には演舞ごとにかなり限界地まで引き上げられるが、100~120の心拍数を保ったまま、動作を止めずに行うことをしていないので、現役当時よりも心肺機能低下が予想される。また対乳酸機能も、レペテーション的トレーニングを行っていないために愕然としていると思われる。
 一方関節可動域はどうであろうか。競技時代には取り組んでいなかった肩甲骨周辺のブラジル体操と、演舞中に生じる股関節の伸展により感覚としてスムーズに股関節が動くようになってきている。この感覚を上手く走りの中に生かさなくてはならない。
 演舞中に求められる、垂直姿勢の習得によって、現役当初からの悩みであった、猫背改善が見られる・・・まだまだ、1年間よさこいをやって、得た利点と劣ったポイント分析が必要である。

次は火曜日の現状。
あ、これは今の現状と動きを確認した上で、弱点と利点を発見し、練習計画を組んでいく動きであります☆
[PR]
# by sports-nitijyou | 2007-02-24 20:19
や~や☆
みなさん今日は☆お久しぶりです。
大学生になり、しばらく競技生活を離れておりました・・・なにに明け暮れていたかと言いますと、
「よさこい系ダンス」でございます。
大学入試でも地域のだんじり祭りでの活動を生かしAO入試合格を果たすほどの根っからのお祭り人間でして、妙に惹かれてのめりこんでおりました。
1回生も終わり、2回生に進級を控えたこの春休み。なれないダンスで怪我をしまくった反省を生かし、ジョギング等のトレーニングを再開。
・・・・しかしこれが走れない走れないwwまぁ当然ですが。
けれど、よさこい系祭りの定番ともいえる「南中ソーラン節」(3年B組み金○先生シリーズでもおなじみ)をバンバン躍っていたおかげでしょうか、大腿部や股関節周りは、陸上競技現役当時よりもかなり良い動きを見せています☆
そこで、ワタシは考えました。この明らかにたくましくなった脚部をほっておくのは勿体無い。心肺機能と、この筋力を走りに生かす技術習得を目指せば、現役まで行かなくともまだまだやれるのではないか!!!
目指すは、僕が3回生の夏に行われる、市民陸上競技大会の男子800m出場で、2分10秒を切る事。
高校時代のように練習場所が与えられているような環境ではないが、家の近くには、坂道、階段、クロカンコースが隣接している。この地形環境を最大限に生かして、、、、
競技再開☆

あ、よさこいも続けながら、の競技生活になるので、このブログは祭りの様子なんかもチョクちょく登場するようにします。更新頻度は1ヶ月に最低2回はしたいかなぁっとww
年齢は今年20歳!まだまだいけるでしょ☆f0065448_836672.jpg
[PR]
# by sports-nitijyou | 2007-02-24 08:36
○ロングジョギング又は、ペースランニング等の練習後、流しを数本行うことで生まれる効果
○ロングジョギング又は、ペースランニング等の練習後、流しを数本行うことで生まれる効果
・疲れた状態で、流しを行うことでリラックスしたフォームを得られる。
・よって試合本番、疲れている中でスピードを楽に出す、維持することが出来るようになってくる。
・スピード感覚を残したまま練習を終えることで、次回のスピード練習に対応しやすくなる
・ロングジョギングという単調な動きの後に流しという刺激を与えることで、血の巡りが活発になり疲労回復につながる。


僕は一個目と二個目の項目が一番重要だと考える。一個目と二個目の項目の効果を最大限に生かすためには練習後に1000mのT.Tを行うという方法もある。三個目、四個目の項目の効果を高めるには100m程度の流しを3本から5本行う。
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-07-01 20:45
教育の危機っという題でレポート。。。下書き
現代のこどもは自分自身を客観視する力が非常に乏しいと思う。自分の中にある「危機」をつかむ事ができないから他人の意見を鵜呑みにして、本来の「危機」を見失っている。本来の姿が見えないままに動いてみても事態は悪化するばかりで、ある時急に事実を押し付けられてびっくりしている。そしてその型はずれの事実にも対応する事ができない。とても悲しい事だと思う。
このような状況を作り出してしまったのが、今まで行われてきた「詰め込み型教育」だと思う。もうすでに変わることのない普遍の「知識」を教師から一方的に与えられ、その知識をそっくりそのまま再生する力を競う。型にはまった素直な問題になら100%対応することができる。また受身に慣れているから、自分の考え無しに他人の言うことはすべて事実だとして受け入れられる。しかし少しでも型から外れるとまったく対応する事ができなくなる。なぜなら「基礎」の活用方法が分からないからだ。
スポーツの世界でも「基礎練習」は上手いのに、それを試合で生かせない選手が非常に多い。それは基礎練習でやったことが試合でどう役立つのかが、分からないまま練習しているからだ。だから、そのような事にならないように「実戦練習」というものがある。「実戦練習」の中で今まで練習してきた「基礎」の使い方を知り、また自分の弱点も知ることが出来る。今、日本の教育は「基礎練習」を終え、「実戦練習」をなおざりにして試合に臨もうとしているのではないかと思う。
教育の世界における「実戦練習」として大いに活用できるのが「総合学習」だ。総合学習は授業で学んだ事、「基礎」の使い方、応用手段を学ぶ場であると思う。その活動を通して一人一人違った課題を見つけ克服するために、また「基礎練習」に戻る。そうすることによって、なぜ自分がこれからこの勉強をするのかを認識でき、教育効果はあがる。
しかし、最初に書いたように今のこどもは自分を客観視する力が非常に乏しい。そのようなこども達がしっかりと自分を見つめる事ができるよう手助けするのが教師だと思う。
この点において、理想的なのは「レッジョ・エミリア保育」である。こどもの活動をアトリエスタが細かに記録し、その後その記録をこども達と共に見直す。こども達は自分の活動を振り返り、自分自身の意図を再び探る事によって、自分というものを知っていく。まず一番身近な自分を知ることは簡単そうでなかなか難しいものである。しかし自分をしっかりと理解し、毎回適切な発展方法を見つけられたとき、可能性は限りなく広がっていくと思う。
「なんで勉強をするのか」、「何に役立つのか」に答えられなくなってしまったのが、今の日本の教育の大きな「危機」であると思う。しかし危機とは言ったものの、それはただ単に「基礎練習」の期間を終え、上の段階に進もうとしているだけなのである。ここで無謀にも、すぐに「試合」に臨むのか、「実戦練習」を踏まえるのかで、日本の教育は大きく変わっていく。「基礎練習」を終え、これからは「ゆとり教育」から生まれた「実戦練習」である「総合学習」の使い方について、しっかりと研究していかなくてはならないと思う。





最近暇ですわ~ってことでデンデン更新していなかったブログに戯言でも書いてみようww無断転載禁止って誰もしないわなぁ
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-06-22 23:32
脳を活性化=競技力UP
脳と筋肉は脊椎を通じて相互に関係しあっており、脳からの指令が筋肉に与えられることによって体は動きます。このことから体を速く動かすためには、そのための信号が必要になると考えられ、速く動かすという経験が無ければうまく信号は伝わらないと思われます。スピードを上げるためにはスピード感を養い脳の神経回路を作る必要があるのです。その練習として有効なのがチューブ引き(引っ張られる方)や坂下り、そして全力ダッシュなどです。
これらの練習によって作り上げられた回路を最大限に生かすためには、体の休養はもちろん脳を休ませてクリアな状態にしなくてはいけません。そのためには睡眠が重要になってくるわけです。最近は高性能の栄養サプリが売り出されており体の休息は十分にとれるようになりました。これからは脳の休息をとってみましょう。
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-03-16 22:29
水泳を取り入れよう☆
陸上競技をしていて怪我をしたときにリハビリとして一番ポピュラーなのが水泳です。水泳は重力による負担を軽減し全身運動になるからです。しかし泳ぎ方によってどこの筋肉が重点的に鍛えれれるか、陸上競技の能力向上に効果があるのか変わってきます。そこで何通りか泳ぎ方を上げてその効果を解説したいと思います。
①ビート板やプールサイドを持ってのバタ足は腹筋、尻、ハムの筋力アップにつながる。
②水泳の吸う、止める、吐くという呼吸はヨガの呼吸法に似ており、横隔膜や胸郭の拡張につながっている、助間骨の筋力アップにつながる
③クロールはランニングの腕振りに関する肩周辺の筋力アップにつながる
④平泳ぎは足首の筋力アップ。キックから足を閉じる際に膝と内腿の筋力アップ。脚をひきつけるときに大腿二頭筋の筋力アップにつながる。
⑥バタフライは背筋腹筋の強化につながるが、正しい泳法でないと腰を痛めやすい。
⑦背泳ぎは腹筋背筋、肩周辺の筋力アップにつながる。背中や腰を伸ばして泳ぐが、他の泳法よりもそらしすぎることが無いので腰を痛めにくく、腰痛患者に良いとされている。

また私の場合水泳が得意ではないので、短時間で疲れてしまい、たいして筋力アップにつながらないことがありました。あくまでリラックスを心がけて、ゆったりと行ってもらいたいと思います。リラックスして泳げるようになると、陸上の練習をした後で水泳に取り組むことで全身に適度な刺激を与えられとてもよいクールダウンにつながります。
今の季節は温水プール、これから夏は冷水プールでの水泳を是非取り入れてもらいたいと思います☆
f0065448_1610910.jpgこれは亀のイナバウアー・・・・・何も関連性無しwww
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-03-14 14:12 | スポーツ
ゴムの力w
以前テレビでゴムを足にかけて走ると速くなるっという物を見ました。そのかけ方はこうです。試してみてください。血行障害等にならぬよう長時間の束縛は避けてくださいね。
このゴムをかけることにより、アーチが自然と形成され、さらにはゴムの力で接地時間が短くなり速く走れるようになるのでは・・・と考えますが、、、効果は個人差があります><1500mにおいては逆に邪魔だったのと、ちぎれてしまいました・・・短距離の試合にどうでしょう??f0065448_1724452.jpg
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-03-13 17:24
筋肉トレーニング☆
○フルスクワット(脛)
両足を肩幅に開いて立ちこのまま完全にしゃがみこむ。この際踵を上げないように注意する。脛の筋肉を収縮させて、関節や腱が伸びるように行うことに意義があるので、自負荷もしくは極軽い負荷で行っていくf0065448_10174781.jpg


○バックキック
四つんばいの姿勢から片方の膝を胸に付けるようにし、その状態から後方に蹴る。その際背中を反らすように。
f0065448_10191168.jpg


○タオルギャザー
足底筋が強化され足指をフルに使えるようになる。足底筋膜炎や疲労骨折、偏平足などの予防に効果的
f0065448_1020993.jpg
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-03-13 10:22 | スポーツ
微妙なインターバル?
インターバル走といえば上級ランナーのみが行うきついトレーニングだと思い、行っていない市民ランナーの方が大変多いようです。確かに陸上競技のトップランナーは1000mを90パーセントぐらいではしり、それをジョグで繋いで5本~10本行うという感じで距離、ペースを決めてきっちり行っています。この「きっちり」というイメージが「きつい」という概念に結びついてしまっているのではないでしょうか?インターバル走は別にきちんと距離ペースを決めて行わなくてもいいわけです。いつものジョギング中に少しペースを上げすことを繰り返すだけでも十分です。例えばあそこの電信柱まで!走りきったら息が回復するまでスローダウンっという感じで。急走の時はスピードや筋力向上が狙いになり、更には心肺機能も高い位置に達します。ペースダウン時は止まるのではなくジョギングを続けることで、心拍数は低下しますが一回拍出量(心臓のポンプ力)は高いレベルで維持されるので心肺機能の向上が期待されます。普段のジョギングに数回数十メートルスピードアップを入れてみるのはどうでしょう??
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-03-09 20:19
腰が痛い・・・
今日は腰の話。本気でスポーツに取り組んでいる人、または普通に生活をしている人も含め全体で6割の方が何らかの原因で腰痛を経験しているそうです。今日私が書き込みますのは、スポーツをしていて慢性的に痛くなる腰痛、疲労性ヘルニアなどに関することです。これらの主な原因は運動中に腰が少し反った姿勢で長時間運動するために腰に疲労がたまることにあります。よく腰の体操と言って腰を後ろにそらす運動がありますが、あれはやり方によっては逆に腰を痛めてしまうそうです。そこで私が推奨したい運動は屈伸運動です。屈伸運動はしゃがんだ時に、腰が前に曲がりますので腰の筋肉をしっかりと伸ばすことが出来ます。腰を伸ばす運動としては前屈がありますが、これは体の硬い人にとってハムストリングやふくらはぎが痛く、腰よりも意識がそちらに言ってしまうのであまりお勧めできません。腰を伸ばすという点では屈伸が良いでしょう。
取り入れ方としては、走る前、インタバールのセット間、ジョギング中の信号待ちの間などなどです。腰に不安のある方はいいと思いますよ。参考にしてみてください☆
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-02-27 23:20 | スポーツ
アップ
ジョギングをして体操して、そこからストレッチ、そして走動作というながれをよく聞きますが、冬場は風邪を防ぐところが少なく、ジョギングをしてせっかく温まりかけた体を再度座り込んでストレッチをすることでまた冷やしてしまいます。ですから最初にゆっくりと室内もしくは風のできるだけ防げるところでストレッチや体操、それからジョギング、流しや走動作のように徐々に連続して体を暖めてみてください。
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-02-26 17:35
指導者の言うことをただ聞いて、いるだけではやくなれるか??
私は試行錯誤を繰り返して、自分自身で最適の練習法を見つけていくことが大切なことであると思います。指導者がいるのもかかわらず、練習のし過ぎで怪我をしてしまう選手が多いのは、自分の体との対話をせずに、他人の意見を鵜呑みにして、練習を続けてしまうからです。自分の体と対話を出来るようにすることが大切です。そのためには基本的な知識を多く吸収し、そして自分の体に当てはめる作業を行っていかなくてはいけません。これはあまり良い例だとはいえませんが、怪我をして覚える自身のからだの信号があるわけです。筋肉バランスが悪くなった、けがをした・・・なぜそのようなからだの信号を読み取ることが出来なかったのか?どうしてそのような信号が起こったのか?実際に体験し読み取れるようにしていく事も大切なのではないかと思います。勉強にしても、成績のいい子に「どんな勉強をしているか」を聞いて、先生からも勉強の仕方を聞いて、それに取り組もうとしても、まったくその通りに、進めることは難しいはずです。実際に人から聞いた勉強スタイルをやってみても、自分の生活リズムに合わなければ、自分なりにアレンジして自分の方法を確立していきます。この方法を確立するために、小学校の頃から多くの勉強スタイルを試したはずです。自分の練習法をさがすのは結局は自分でしかないのです。数多くの失敗や成功を繰り返してください。失敗なくして、真の成功は手に入れられません。そして失敗の原因を探るために、多くの知識を手に入れて、また、顧問の先生(第三者)から指導を仰いでください。原因を探ったり、新たな知識を得る場合、第三者の客観的な意見というのは大変有効です。自分の感覚と他人の感覚をしっかりすり合わせることが必要なのですが、最近は自分に意見を持たない人が多いように感じます。時間はかかりますが、そこがただ単に走るという行為をしている陸上の楽しいところでもあります。
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-02-26 10:07 | スポーツ
中距離、一週間のメニュー例
私の練習流れは日曜を完全休養休にし、月曜日は心肺機能回復のため60~90分ジョグ、火曜に1000×5等のロングインターバル、水曜にペースランニング10キロ程度、キロ4分~3分45、木曜は30分程度のジョグとストレッチで積極的休養、金はビルド走、もしくはクロスカントリーで大体10キロ前後。、 土は(600+200)×3。
基本、月水木金のメニューは上記に固定(季節や体調よってペースや距離の変化はあり、これが重要)後、火曜はロングインターバル系でスピード持久練習をし、土は実践タイプのレペや、T.Tなどをして、最大スピードや実践力を養うようにしました。
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-02-24 21:15 | スポーツ
ジョグの取り組み方☆
ジョギングをする場合、私は、距離よりも時間を重視しています。今日は60分走ろうとかそんな感じです。何キロを何分でっということになりますと、調子が悪いときも良いときも同じ練習になってしまいます。ですから時間を設定しておけば調子がよければ、距離を伸ばし、悪ければゆっくりと走るということが出来ます。私の取り組み方ですので参考程度に。
[PR]
# by sports-nitijyou | 2006-02-20 11:22 | スポーツ